fx体験記

fx体験記

MENU

FX取引のツールって何?

FX業者に口座開設をしてログイン画面から取引画面に入ってみると、雑多なボタンやグラフが画面上にひしめいています。画面の上にはニューステロップが流れ、グラフ上の為替相場は常に上下に振れています。これらのツールをすべて使いこなせるようになれば一人前であり、プロの現場でも働くことができるかもしれません。やっていることは同じだからです。
このツールの中で一番大切なのはニュースのテロップです。ロイターやブルームバーグなど複数のニュース配信社からの速報ニュースが常時流れています。複数の配信先からのニュースが流れているので、常時すべて見ている必要があります。ちょっと目を離したすきに重大ニュースが流れていくかもしれないからです。
そして、このニュースの内容が外国為替相場に影響します。その外国為替のデータはグラフ化されて表示されていますが、外国通貨の種類はいくつかあるため、その数だけのグラフが目の前に並びます。このグラフは操作一つで表示方法を変えることが可能です。例えば、円建てのグラフから、ドル建てのグラフに表示替えをすることも一発です。
実際に発注する際は、指値で注文しますが、売値は相場の状況によって決まります。リスク管理をしっかりして1%下がったら売り払うという操作をしたければ、プログラム売買のツールを呼び出してその旨入力します。上がった際はどのラインまで上がったら売るのかも入力します。外国為替相場の変動は24時間ですから、いちいち付き合ってはいられません。プログラム売買の必要があるのです。
現実に相場を注視している際には使わないのですが、買い場を探すための支援ツールもあります。このようにいろいろなツールや情報によってFX取引をしていくのです。